簡単に注文できるクリニコ【美味しい病食や介護食で楽しむ食事】

老人

バランスのよい食を

食事中

野菜は欠かせません

血圧が高くなる理由はさまざまですが、食事は大きな要因です。しょっぱいもの、味の濃いものが好きで塩分を摂りすぎていると高血圧のリスクが高まります。さらにお酒をよく飲む、タバコを吸うというのもリスクを高めます。ストレスもよくありません。運動不足も血圧を上げる原因になります。食事で血圧を下げるなら、意識して野菜を摂ることです。果物も効果的ですが、果糖が含まれているので、野菜の代わりに果物を増やしても身体のためにはよくありません。効果的な野菜は、緑黄色野菜、芋類、キノコ類などで、特にタマネギは効果的です。日頃から野菜を摂るようにしていると、高血圧の予防にもつながります。野菜以外では、血圧を下げる効果のあるタウリンが配合されている食品、例えば乾燥ホタテも効果的です。

サプリも効果的

野菜をバランスよく毎日摂るのは、実のところなかなか大変という場合もあるでしょう。そんなときに利用したいのが血圧を下げる食事をサポートしてくれるサプリメントです。コレステロールや中性脂肪を下げるはたらきのDHA・EPAが配合されたサプリメントやタウリン配合のサプリメントなどを野菜が不足したなと感じたときに補助的に利用してみるとよいでしょう。血圧のために常備しておきたいのは、納豆、お酢、オリーブオイルです。納豆は毎日継続的に摂ると効果があります。お酢は、サラダだけでなく、スープや炒め物などいろいろな食事に少し加えるのがおすすめです。酢は、血圧を下げる効果がとても高いので、常に食卓に置いておくとよいです。オリーブオイルも同様に血圧を下げる効果があります。