簡単に注文できるクリニコ【美味しい病食や介護食で楽しむ食事】

老人

この難病を治したい

レディー

どのようなメカニズムで

糖尿病は、ブドウ糖とインスリンの関係で発病します。血液の中にどのくらいブドウ糖が入っているのかを血糖で表し食事をした後は血糖が上がります。上がった血糖を抑えるのがインスリンの働きなのです。即ち、血糖値が上がったのにインスリンの量が少ないため血糖値を充分落とせないという事です。ただし、検査を行った時に血糖値が少し高くてもインスリン値が正常の場合は、糖尿病ではありません。血糖値が高くインスリン値が低い、このような時が糖尿病です。症状としては喉がとても渇き、水分を多く摂ってしまう、これはトイレでの排尿が増えますから体に水分が足りなくなる為です。また、とても疲れやすくなります。他は、身体のどこに症状が出るか本当に分からないのです。糖尿病は食事に気を付けなくてはいけません。

病食として何を食べる

人間など生命体全ての基本は食事です。特にこのような病には食べる事によって血糖が上がってしまうという事があるので、食事はとても大切となっています。糖尿病の人は必ず肝臓が弱っているのです。肝臓は食物やストレスによって汚れた血を綺麗にしてくれる場所。お腹はいつも軽くする方がいいので、1日3回の食事を2食に変えましょう。いけないものは、果物や甘いものは摂ってはいけません。また、酒類、脂っこい魚などもだめです。病食である食事療法を心がけなくては、決して良くはなりません。植物性の油がとても良く、またカボチャはインスリンが出やすくする作用があり、カルシウム類もとても良く、これらを務めて摂るようにしましょう。糖尿病は全身病なので活力がある綺麗な血液を全身に回す事により自然治癒力が増し、だんだん良くなっていくという事です。